年式の古い車の車査定

車を売りに出す周期は人によってばらばらです。
場合によっては10年間同じ車を乗り続けている人もいるでしょう。
また人によっては2年周期で車を買い替える人もいます
しかし、同じ車を長く乗っていればその分年式は古くなってくるわけで査定額にも影響をしてくるかもしれません。
そこで、この記事では年式の古い車でも車査定に出して売れるのかどうかを紹介します。

 

年式は査定に大きな影響がある

 

確かに当然ながら車の年式は新しい方が高価買取が期待できます。
しかし年式が古いからという理由で買取りを断られるのか?となるとそうではありません。
ちなみに車の査定額は年式以外にも走行距離や車種外装内装、エンジンの状態など様々な要素が加味されていきます。
ですから年式だけで買取り不可能と決めつける必要は全くないんです。

 

年式が古くても売れる

 

確かに年式が古い車は大きなマイナスポイントですから基本的に高額査定は期待できません。
しかし、最近では海外で日本車ブームが起こっています。日本では売れないにしても海外で販売するためそういう販路を持っている業者による高価買取も行われています。
いずれにしても一度は査定を行うといいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ